コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

犬・猫経由の感染症に注意―厚労省が呼び掛け(医療介護CBニュース)

 犬や猫にかまれるなどして菌に感染し、まれに重症化して死亡に至るケースもある「カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症」について、厚生労働省がホームページで注意を呼び掛けている。

 「カプノサイトファーガ・カニモルサス」は、犬や猫など動物の口腔内に常にいる細菌。同感染症は、かまれたり引っかかれたりすることでまれに感染・発症し、発熱や腹痛、吐き気などの症状が見られる。また、糖尿病やアルコール中毒などの慢性疾患がある人や高齢者で免疫機能が低下している場合には、重症化しやすい傾向があるという。
 国立感染症研究所の調べによると、2002年から09年にかけて、国内で確認された同感染症の報告事例のうち、重症化したケースが14例あり、6人が細菌の感染が原因とみられる敗血症や髄膜炎などで死亡した。
 重症化した患者は40-90歳代と中高年層で、感染原因は「犬の咬傷」6例、「猫の咬傷・掻傷」6例、「不明」2例となっている。

 厚労省では、保健所などに報告された動物にかまれたことによるけがの報告数に対する患者数は非常に少なく、同感染症は極めてまれにしか発症しないとしながらも、日ごろから動物との過度の触れ合いは避け、触れた後は手洗いなどを確実に実行するよう呼び掛けている。
 なお同感染症は、感染症法に基づく届け出が必要な疾病ではないため、診療した医療機関が行政機関に届け出る必要はないが、国立感染症研究所では今後も調査・研究を進めていくために情報提供を呼び掛けている。
 同感染症についての相談や情報提供は、国立感染症研究所獣医科学部第一室03(5285)1111まで。


【関連記事】
感染症サーベイに「課題」―感染研・岡部センター長
新型流行も強毒性想定のBCP策定は1割強
手足口病が2000年以降で最多
A型肝炎が過去3年で最多、「食べ物に要注意」と感染研
子宮頸がん原因ウイルスの感染経路、認知度は3割未満

自工会会長に日産の志賀COOが就任(レスポンス)
インフル定点は横ばい(医療介護CBニュース)
盗難6年、千葉市立中の表札を九十九里浜で発見(読売新聞)
民家全焼67歳?死亡 兵庫・姫路(産経新聞)
<雑記帳>相続問題を落語で(毎日新聞)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

自殺 原因「失業」が7割増 30代の増加、目立つ(毎日新聞)

 09年の自殺者のうち原因・動機に「失業」が含まれる人は1071人で、前年から7割近く増えたことが、警察庁が13日に発表した自殺統計で分かった。景気後退による雇用情勢の悪化が影響しているとみられ、特に30代の増加率は9割近くに達する。人口10万人当たりの自殺者数を示す自殺率は、20代と30代で過去最悪だった。自殺者総数は3万2845人で前年より596人(1.8%)増え、12年連続で3万人を超えた。

 今年1月に発表された自殺者総数3万2753人は暫定値で、今回が確定値となる。

 統計によると、原因・動機が判明した2万4434人のうち、1071人は「失業」が含まれ、前年の648人から65.3%増加した。原因・動機を分類する現行の方式を導入した07年(538人)から2年連続の増加となり、増加幅も急拡大。30代は228人で、前年(121人)比88.4%増だった。また、「生活苦」が原因・動機に含まれる人は全年代で1731人で、前年(1289人)から34.3%増加した。

 一方、09年の自殺率は25.8。年代別では20代が24.1、30代が26.2で、それぞれ過去最悪だった。20代は2年連続、30代は3年連続で最悪の数値を更新し、若年層の自殺の広がりは恒常化の様相をみせている。

 自殺者数を年代別でみると、50代が6491人と最多で全体の19.8%を占めた。60代5958人(18.1%)▽40代5261人(16%)▽30代4794人(14.6%)▽70代3671人(11.2%)▽20代3470人(10.6%)--と続いた。

 09年平均の完全失業率は5.1%で6年ぶりに5%台まで悪化した。求職者1人当たりの求人件数を示す有効求人倍率も0.47倍で最悪の水準。自殺の原因・動機に関する数値の背景には、こうした厳しい雇用情勢もあるとみられる。【鮎川耕史、合田月美】

 ◇ことば・警察庁の自殺統計

 警察による検視などで自殺と判明したケースを計上する。原因・動機に関する現行の分類方法は07年統計から導入しており、「健康問題」「経済・生活問題」など七つの区分と、それを細分化した計52項目からなる。52項目には「失業」「生活苦」のほか「うつ病」「倒産」「職場の人間関係」「失恋」「いじめ」などがあり、警察官が三つまで選ぶ。

【関連ニュース】
完全失業率:3月は5.0% 前月比0.1ポイント悪化
完全失業率:09年度平均5.2% 職探し、連休返上 ハローワークに朝から続々
働くナビ:既卒者の就職支援は
雇用戦略対話:失業者個々に担当 首相、安全網強化を強調
人口多くいつも競争、雇用厳しく生き方模索 そんな「35歳」の問題

アスベスト訴訟 国の不作為認定焦点 19日判決(産経新聞)
新人キャリアも心中さまざま=政治主導の幹部人事に―人事院アンケート(時事通信)
国公法改正案が衆院通過 政治主導法案は審議入り(産経新聞)
テン、富山の動物園へ=トキのケージで捕獲-新潟・佐渡(時事通信)
高槻遺棄女性、転居前に白い車の男女と会う(読売新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

シンカイヒバリガイ新種 3000万年前の化石発見(産経新聞)

 上越教育大(新潟県上越市)の天野和孝教授は11日、ムール貝の仲間、シンカイヒバリガイの新種の化石を発見したと発表した。約3千万年前のものと推定され同種の化石としては日本最古、世界でも2番目に古いという。

 シンカイヒバリガイは、エラに共生させたバクテリアから栄養をもらって生きており、海岸近くの浅瀬に生息するヒバリガイと形状などが似ている。ヒバリガイが木に付着したまま深海に沈み、環境に適応したとする説が有力とされている。

 化石は昨年8月、北海道浦幌町の河川のがけの地層から94個が発見され、大きいもので4・5センチある。

 天野教授によると、これまで見つかったシンカイヒバリガイの種に比べて小さく、膨らみが弱いといった特徴から新種と判明した。化石には、情報提供者で地元の化石研究家の井上清和さんにちなみ「バシモディオルス・イノウエイ」という学名がつけられた。

 天野教授は「どのように深海に適応したのか、進化の過程を検証するのに重要な資料だ。温暖化などの気候変動で生物にどんな影響が出るかの研究にも役立つ」と期待を寄せている。

元ミスワールド日本代表が“応援団長”に  山陰海岸の世界ジオパークネット加盟目指す(産経新聞)
中国の中間層にも観光ビザ発給へ=「富裕層のみ」から緩和-政府(時事通信)
沖縄県民大会「9万人」に疑問も、県警把握せず(読売新聞)
<ベストマザー賞>“仕分け人”蓮舫が受賞「もらっていいの?」(毎日新聞)
<掘り出しニュース>「堀部安兵衛」「大石内蔵助」--小学校階段に赤穂義士の名前(毎日新聞)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。