コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

うつ病チェック、健診で…来年度から実施へ(読売新聞)

 政府は職場でのストレスなどを原因としたうつ病など精神疾患の広がりに対処するため、企業や事業所が実施する健康診断に精神疾患を早期に発見するための項目を盛り込む方針を固めた。

 また、企業などのメンタルヘルス(精神衛生)対策を指導する国の専門職員の研修時間を2倍以上に増やすなど、精神疾患対策に本格的に取り組む。

 対策は、厚生労働省の「自殺・うつ病等対策プロジェクトチーム」が今月中にもまとめる提言に盛り込まれる予定で、政府は総合的な自殺防止対策の一環として2011年度からの実施を目指す。

 企業の健康診断は、労働安全衛生法で実施が義務付けられており、身長や体重の測定、血糖検査、尿検査など実施すべき項目を労働安全衛生規則で定めている。政府は同規則などを改正して、精神疾患のチェックを項目として盛り込む考えだ。長妻厚生労働相は19日、都内の労働基準監督署などを視察後、「何週間も何日も眠れないなど、そういった項目を医師が聞いて、うつ病をチェックできないか検討したい」と述べた。

 また、企業などの精神衛生対策を指導するため、都道府県労働局や労基署に配置されている、国の専門職員「労働衛生専門官」の研修プログラムの改定は今年6月から実施する。これまで年1回4時間半だった精神衛生関係の講義を10時間半に増やす。

 厚労省によると、仕事のストレスが原因でうつ病などになったとして労災認定を受けた人は、2008年度に過去最多の269人を記録、5年前の108人に比べて約2・5倍となった。

海の生き物あしらい…変わり種こいのぼり(産経新聞)
中国ヘリ接近、抗議は4日後=政府対応を自民批判-衆院委(時事通信)
寒暖変動、5月には解消へ=日本の南北に大きな温度差-気象庁(時事通信)
<強盗>エステ店に2人組、経営者ら縛り財布など奪う 茨城(毎日新聞)
AED作動せず搬送患者が死亡 不具合気付かず(産経新聞)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

舛添氏「青木氏の権力の源泉はポスト配分」(産経新聞)

 自民党の舛添要一前厚生労働相が今月25日に出版する「厚生労働省戦記」(中央公論新社)で、「参院のドン」といわれた同党の青木幹雄前参院議員会長を批判していることが20日、わかった。昨年9月の総裁選など節目節目で相談を欠かさない良好な関係を築いてきた青木氏への「決別宣言」とも取られる。

 著書では、参院議員への閣僚配分に青木氏が多大な影響力を行使し、「参院における権力の源泉だった」と強調。「青木氏に従っておれば、いかに無能であっても必ず大臣になれるというのが、青木神話を作る大きな要因であった」としている。

 また、「総裁選に立候補する者は政策を掲げて戦う。その結果、選出されれば、その候補の政策が党の政策となるのは当然だ」と“ポスト谷垣”を意識した表現もある。

 著書は、月刊誌「中央公論」に寄稿した連載を加筆した。

【関連記事】
舛添前厚労相「新党と総裁どちらも視野」
首長新党 流れ変える勢力の結集を
舛添氏、東国原知事と会談も“ピリピリムード”で取材拒否
与謝野氏除名の可能性 谷垣氏、舛添氏への批判も
「八方ふさがり」の舛添氏 人気者との連携に活路を求めたが…
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

有明海ノリ養殖を視察=諫早干拓の周辺県訪問-赤松農水相(時事通信)
労働者健康福祉機構の伊藤理事長は「今年中に交代に」-長妻厚労相(医療介護CBニュース)
【鳩山ぶら下がり】高速新料金「前原案をベースに議論を」(19日夕)(産経新聞)
<21世紀臨調>鳩山首相に提言提出 政権機能の二元化批判(毎日新聞)
2人死亡のフェデックス事故、原因は操縦ミス?(読売新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

外交・安保公約で検討チーム=民主(時事通信)

 民主党は15日に開いた参院選マニフェスト(政権公約)策定に関する企画委員会で、外交・安全保障分野の政策を検討するため、武正公一外務副大臣、榛葉賀津也防衛副大臣、安住淳衆院安全保障委員長ら7人で構成する「外交安保作業チーム」を新設することを決めた。 

ケージ内でテン捕獲=トキ襲撃、同一かは不明-環境省(時事通信)
懐かしの学舎の模型見つかる 朝来市の廃校から(産経新聞)
<プラダジャパン>元部長が解雇無効の確認など求める(毎日新聞)
ビール類出荷、過去最低 1~3月(産経新聞)
<プラダジャパン>元部長が解雇無効の確認など求める(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

「たちあがれ日本」 再編の核、要は参院選 「保守」「若手」…結束カギ(産経新聞)

 新党「たちあがれ日本(にっぽん)」にとって喫緊の課題は夏の参院選への候補者擁立だ。だが、理念の違いが指摘される平沼赳夫代表と与謝野馨共同代表の間で擁立方針をめぐって軋轢(あつれき)が生じる可能性がある。また、結党時メンバーの平均年齢が高く「シルバー政党」のイメージが強いため若手擁立も欠かせない。政界再編の核になるための議席数確保には候補者の質だけでなく人数も重要。15日から始まる候補者擁立作業で、これらの難題を乗り越えられるかが同党の最初の試金石となりそうだ。

 同党の綱領は、平沼氏の政治信条である自主憲法制定と、与謝野氏の持論の安心社会実現が記され、両氏のカラーを混合したものだ。ただ、平沼氏が好む「保守」の言葉がないのは、与謝野氏が抵抗感を示してきたことが影響しているようだ。

 新党結成にこぎ着けることを最優先した結果、綱領や政策では深刻な対立に至らなかった両氏だが、「保守」をめぐる立場の違いが候補者擁立にあたって亀裂に発展する可能性はある。

 平沼氏は10日の記者会見で「保守の力」の結集を訴えた。実際に、平沼氏が同日に擁立する考えを示した中山成彬元国土交通相(66)や独自の「平沼新党」の結党メンバーとして検討していた田母神俊雄元航空幕僚長(61)も「保守派」の人物。これに対し、与謝野氏サイドの擁立は出遅れており、橋本大二郎前高知県知事(63)の名が挙がっている程度だ。

 同党は比例代表に10人以上、さらに、東京、大阪など改選3議席以上の選挙区にも擁立を目指すが、候補者選定が平沼、与謝野両氏の主導権争いの場となり、バラバラの選挙戦に突入する可能性をはらんでいる。

 「たちあがれ」は、政党助成法上の政党要件ぎりぎりの5人で結成した。しかし、中川義雄参院議員は参院選に不出馬の意向で、参院選では1人以上の議席獲得が条件となる。さらに「健全な批判勢力を参院につくる」(与謝野氏)ためにも、単独の参院会派を結成できる5人以上の参院議員がほしいところだ。

 また、「シルバー政党」脱却も課題だ。「平沼グループ」の小泉龍司(57)、城内実(44)の両衆院議員や、与謝野氏の側近だった後藤田正純衆院議員(40)らは参加を見送ったが、幅広い支持を得るためには、若手擁立がカギを握っている。

歌人 中川菊司氏死去(産経新聞)
子供が死亡した家に「子ども手当」の申請書を誤送 港区(産経新聞)
ライター部品か、金属片二つ発見…4児焼死(読売新聞)
教育一括交付金を検討=使途、地域の裁量に-文科省(時事通信)
大型車にひかれ母即死、抱いた1歳児は無事(読売新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

与謝野元財務相 離党届を提出 新党結成へ動き活発化(毎日新聞)

 自民党の与謝野馨元財務相は3日昼、党本部で谷垣禎一総裁と会談し、執行部体制への不満を理由に離党届を提出した。谷垣氏は慰留しなかった。与謝野氏と近い園田博之前幹事長代理も週明けに離党し、両氏は無所属の平沼赳夫元経済産業相との連携も視野に、今月中の新党結成に向けた準備を本格化させる。

 会談は谷垣氏が与謝野氏の真意を確認するため呼びかけた。谷垣氏は「与謝野氏は党の政策を担当しており、若手議員が心配している」と述べたが、与謝野氏は離党の意思が固いことを伝え、7日付の離党届を提出した。会談後、与謝野氏は記者団に「(自民党は)あっと驚くような若手を起用しなければならない。自民党分裂とは考えないでほしい」と語った。新党に参加する議員については「いずれ分かる」と述べたが、現時点で園田氏以外の自民党議員には離党を働きかけていないという。

 与謝野氏は3月の月刊誌で谷垣氏ら執行部を厳しく批判し、新党結成に言及していた。今月1日、谷垣氏が参院選前に党役員人事を行わない考えを明言したため、離党を決断したとみられる。

 平沼氏も2日、月内の新党結成を表明し、与謝野氏らと意見交換している。【野原大輔】

【関連ニュース】
自民:新党結成の動き本格化 分裂に現実味
与謝野氏:新党結成へ、来週にも離党 平沼氏と会談
自民党:「逆仕分け」で反転攻勢…選対に若手起用も
自民党:執行部、現体制で参院選…谷垣総裁
自民:議員懇を拡大…立候補予定者も参加 4月上旬に

北朝鮮元高官・黄氏が来日、拉致で意見交換も(読売新聞)
「おごり一掃」「信頼回復」…入社式、再生託す(読売新聞)
<霧信号所>根室、小樽の霧笛消える(毎日新聞)
アトピー性皮膚炎治療薬の共同開発に向け協議へ―アンジェスと塩野義(医療介護CBニュース)
与謝野氏ら、新党結成を検討=月内めど、平沼氏との連携も(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

改正雇用保険法が成立、派遣の失業給付に配慮(読売新聞)

 派遣労働者らの雇用保険加入を促進するための改正雇用保険法が、31日の参院本会議で与党と公明、共産両野党などの賛成多数で可決され、成立した。

 4月1日に施行される。

 改正法は、雇用保険の加入要件を、「6か月以上」の雇用見込みから「31日以上」に緩和することなどが柱だ。これにより、数か月の短期契約で働く派遣労働者らが、「雇い止め」の際などに失業給付を受けやすくなる。財源を確保するため、2010年度の保険料率を0・4ポイント引き上げて1・2%とする。

 厚生労働省は、雇用の見込み期間が6か月未満のため、保険に加入できない労働者は約255万人に上るが、このうちの多くが今回の改正で救済される見通しだとしている。

歯科医院で爆発、4人重軽傷=ガス漏れが原因か-大阪(時事通信)
邦人死刑通告 中国首相に懸念表明 菅副総理「厳しい判断」(産経新聞)
<砂川事件判決>日米密談の文書存在 外務省が一転開示(毎日新聞)
全国78紙が同一広告掲載=新聞の媒体力をアピール(時事通信)
岡田外相と米補佐官との会談中止=大統領のアフガン訪問に同行(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

サクラ 花見の週末 東京・六義園(毎日新聞)

 東京都心は27日、サクラが開花して最初の週末を迎えた。3月上旬並みのやや肌寒い休日となったが、青空の下、サクラの名所は花見客でにぎわった。

 江戸時代の名園として、美しいシダレザクラで知られる東京都文京区の六義(りくぎ)園には、午前9時の開園から大勢の家族連れが訪れた。思い思いに散策し、枝いっぱいに薄紅色の花を付けたシダレザクラや、ほころび始めたばかりのソメイヨシノを楽しんでいた。4月4日まで、日没以降はライトアップする。【合田月美】

【関連ニュース】
姫路城 平成の大修理 「見納め花見」に殺到か
春は舎人公園から:足立区移動支局 空から花見、夜は花火 きょうからまつり /東京
花案内人:花見山で始動 市民ボランティア121人 /福島
花見ぼんぼり:夜桜、楽しんで 「桜まつり」ひかえ設置--彦根 /滋賀
桜の駅まつり:満開の下でライブ MR浦ノ崎駅で28日 /佐賀

<秋篠宮家>眞子さま佳子さま卒業(毎日新聞)
女性宅で下着盗もうとした警視庁警部補を逮捕(読売新聞)
<強盗容疑>都立高教諭を逮捕 顔殴りバッグ奪う(毎日新聞)
DV夫をパトカー20台とヘリで追跡・逮捕(読売新聞)
雑記帳 豚料理ナンバーワン…前橋で「T-1グランプリ」(毎日新聞)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。